2011年11月09日

多様な主体の参加による,火入れ草原の継承

sk-p0.jpeg

 雲月山は広島県と島根県の県境に位置します.【写真1】 西中国山地には,1,000m級の山が連なって,瀬戸内海と日本海の分水嶺を成していますが,標高911mの雲月山もその一つです.雲月山の山頂から,高山,岩倉山という2つのピークを結ぶ稜線からなるすり鉢状の谷に,雲月山の草原が広がっています.草原の面積は約40haと,阿蘇や秋吉台などに比べると小さなものですが,キキョウやムラサキセンブリ,ゴマシジミなどの絶滅危惧種を含む,草原生の生物が多く生育・生息しています.草原内に生育する維管束植物の数は330種が記録されており,この種数は北広島町全体の30%,広島県の約15%に相当します.【写真2】

sk-p1.jpeg
 写真1 雲月山

sk-p2.jpeg
 写真2 雲月山には330種の維管束植物が生育する

 雲月山の生物多様性を支えていたのは,毎年春に行われる山焼きでした.昭和の中頃までは,農耕に使う牛馬の餌や,田に入れる緑肥として,良好な草を得るために山焼きを行っていたそうですが,トラクターや化学肥料の台頭により,山焼きも途絶えてしまいました.その後,平成に入ってから観光の一環として再会されましたが,山焼きそのものの負担が大きく,6年で途絶えてしまいました.その山焼きを2005年に再々開させたのは,生態系を守りたいというボランティアの思いと,草原景観や山焼きという地域のアイデンティティを守りたいという地域住民の思いでした.【写真3】

sk-p3.jpeg
 写真3 山焼き直後の雲月山

 雲月山では,山焼きの実施主体は地域住民のつくる実行委員会です.ボランティアは,NPO団体「西中国山地自然史研究会」の呼びかけによって参加申込みをして,山焼きを手伝います.当日は,7つある集落から3名ずつが作業に従事し,150〜200名のボランティア,地元消防団などが参加し,総勢約250名での作業になります.観光イベントとして山を焼いた時代には,地域住民と消防団は,山焼きを実施すると同時に,観光客を「もてなす」必要がありました.しかし,今は外部から来るのは観光客ではなく,ボランティアです.来訪者の山焼きへの関わり方が変わったことで,地元の負担は大きく減じただけでなく,山焼きを実施する力になっています.【写真4】

sk-p4.jpeg
 写真4 多くのボランティアが参加して実施される雲月山の山焼き

 雲月山の山焼きが再々開するときに,もう一つ大切にしたことがありました.それは地元小学生の参加です.小学生達は,はじめは見学をして山焼きの進め方を学ぶことを想定していましたが,2年目からは山焼きの作業そのものを手伝うようになりました.そしてその翌年からは,「雲月山の生態系」や「なぜ山焼きが必要なのか」について,ボランティアに対して説明をするようになりました.【写真5】

sk-p5.jpeg
 写真5 ボランティアに山焼きの重要性や雲月山の生態系と山焼きの関係などを説明する小学生

 ボランティアが継続的に作業に参加するためには,自分たちの行為が「役に立っている」ということを認識できるしくみが必要です.小学生からの説明は,この点に関して大きく貢献しているようです.小学校の地域学習で山焼きを取りあげたのは,その「地元意識」を育てるためでしたが,ボランティアへの説明という点で,すでに山焼きを担う一員となっているとも言えます.【図1】

sk-f1.jpeg
 図1 山焼きに参加したボランティアの満足感とその理由

 過疎化が進む中,雲月小学校の子どもたちは,進学すれば地域外に出て行きます.しかし,地域のアイデンティティを守るという意志と,ここで学んだ「草原生態系を維持するしくみ」を,何人かの子どもが持ってれば,雲月山の将来に残すことは可能だと考えています.



プロフィール
白川 勝信(しらかわ かつのぶ)
1973年福岡生まれ.2003年3月,広島大学大学院国際協力研究科で博士号(Ph.D)取得,同4月,高原の自然館学芸員に就任.現在は,生態系を形づくり・維持してきた「人の営みの歴史とその未来」に興味があり,湿原と草原を主なフィールドとして研究を続けながら,保全活動に取り組む.

posted by 管理者 at 14:51| Comment(0) | 景観生態学の現在

2011年10月21日

景観生態学会千葉大会に参加して

 みなさん、はじめまして。私、九州工業大学大学院工学府建設社会工学専攻の高橋千裕です。この度、景観生態学会千葉大会では、自分の研究を発表し様々な研究者の方々からご意見を頂く事ができました。そして、景観生態の分野で活躍されている研究者の方々の発表をお聞きすることができ、非常に勉強になり、有意義な体験をさせて頂きました。このような場を提供して頂いた学会関係者の方々に心から感謝申し上げます。また、今回の学会では、ポスター賞を頂くことができ、大変光栄に思っております。
 対象地である福岡市立壱岐南小学校は、九州工業大学環境デザイン研究室と壱岐南小学校が、子どもたちとワークショップを行いながら共同で設計・施工し、活用を行っています。 その後もワークショップなどの活用を行っています。空間要素は、中央に池が設置されており、様々な生物が生息し、2005年より毎年春にカモが雛を孵しています。また、小山や土漆喰で作られたランドスケープエレメントや、橋・ポンプなど水辺に近接するランドスケープエレメントをデザインしました。
 私は、環境と人の行動の関係に興味を持っています。その中で、水辺などを有する壱岐南小学校ビオトープと出逢い、そこで遊ぶ子どもたちの行動を深く研究してみたいという思いから今回の研究に取り組んできました。
 現在、都市部における自然の減少に伴い、子どもの自然体験が減少しています。そのため生物の生息する空間の機能だけでなく、子どもの「遊び」と「環境学習」を目的とした「学校ビオトープ」が学校に取り入れられています。

taka1.jpg

 学校ビオトープ内の植生調査を行い、プロット別に1)種名2)被度3)草高を求め、生態系保全空間としての特性を考察しました。また、子どもたちが昼休みにビオトープで遊ぶ様子をビデオカメラで定点観測を行い、行動解析を行いました(サンプル数10人)。2010年8月に堀干しを行いました。ここでは、堀干しは「人為撹乱」を意味しています。

taka2.jpg

 その結果、ビオトープ内では、植物・生きものに関する遊びが見られ、また植物・生きものに関する遊びは、コミュニケーションを伴うことが分かりました。また、石や堰の設置、草高を低くすることは子どもたちを水辺に近づきやすくしていました。現在、堀干し後の生きもの・植物変遷と子どもの行動および意識の関係をより詳細に把握するため生きもの・植生調査、子どもの行動、意識調査を定期的に行なっています。

taka3.jpg

 私の研究が少しでも、今後の都市緑地のあり方を議論する際、役に立てればと思っております。



プロフィール
名前 高橋 千裕 (たかはし ちひろ)
1988年生まれ 宮崎県出身 現在、九州工業大学大学院工学府 建設社会工学専攻 地域環境デザインコース 修士課程1年在学中
研究テーマ 子どもの自然体験を目的とした環境デザインに関する研究-子どもの行動・意識からみた小学校ビオトープの評価-
趣味・興味・関心のあること 旅行と旅行先でポストカード集め

posted by 管理者 at 10:28| Comment(0) | 景観生態学の現在

2011年09月28日

次の時代のランドスケープを創造する環境コンサルタント


・はじめに 
 アジア航測株式会社3年目の岩田悠希です。はじめに、東日本大震災で被災した皆様に、心よりお見舞いと哀悼の意を申し上げます。
 今回は、環境コンサルタントという仕事に関わった仕事体験談を紹介させていただきます。まだ、駆け出しの身で大変恐縮ですが、「フレッシュな目線」ということでお許しいただければ幸いです。


・私にとっての「環境コンサルタント」と2年間の貴重な経験 
 京都大学地球環境学舎・景観生態保全論研究室での修士論文研究を進める中、日本全国の里山を巡り、地域のランドスケープを左右するのは、経済の他に行政の政策決定が大きな役割を担っているということを強く感じました。日本の山を覆うスギ・ヒノキの植林や、ほ場整備された水田、エネルギー政策等、日本の里山里海の現在の姿は、戦後の国策の影響を強く受けているといえます。このような政策立案の際、専門家の立場から行政に適切な指針を示し、自然と人間社会の持続可能なつきあい方を実現させていく役割を担うのが、「環境コンサルタント」だと、私は考えています。
 そして、幸いなことに入社後、市、県、もしくは中央省庁など官公庁の業務を担当させて頂きました。「自然環境部門の施策検討の最先端の現場にいる」と体感しながら過ごせた2年間は大変充実していました。これまで担当させていただいた業務は、主に環境関連の計画の策定、自然環境の調査、技術検討に分けられます。社内の植物、動物、情報管理、計画策定に係わる高いスキルを有する技術者の先輩と業務ごとにチームを組んで対応する毎日は、日々勉強です。
 1年目。とにかく現場を知るということから、様々な業務を経験しました。河川敷の300mのライン上の植生調査や、サロベツ湿原の植生調査、都内の植生図作成のための群落組成調査、魚類調査の補助等も行いました。また、市の緑の基本計画や、統計ソフトを利用した生物生息予測値評価の検討業務、植生図作成業務等にも関わりました。

iwata1.JPG
 サロベツ湿原の植生調査現場

iwata2.JPG
 サロベツ湿原の代表種 エゾカンゾウ

 2年目の2010年。私にとってもっぱら「生物多様性」でした。URBIO(都市における生物多様性とデザイン)の国際会議をはじめ、生物多様性や生態系オフセットに関連する様々な学会やシンポジウムに参加し、生物多様性条約COP10フェアには、会社紹介のために2週間名古屋に滞在しました。一企業として生物多様性をビジネスにすることの難しさにもぶつかりました。「環境を空や陸から測る」会社として、生物多様性という概念を、地形を含めた生態系そのものだと捉え、営業資料も作成しています。主流化に向けたビジネスにつなげるため、現在も日々頭を悩ませています。

iwata3.JPG
 生物多様性COP10フェア 展示の様子

・「環境コンサルタント」の醍醐味・課題とは 
 様々な場所に行くことができるというのも環境コンサルタントの一つの醍醐味でしょうか。最近嬉しかったことは、森林と水に関する取組みについてヒアリングを行うため、スイス(ベルン)、ドイツ(フライブルグ)、フランス(グルノーブル)を訪れる機会を得たことです。日本とは違い、平坦な丘陵地の欧州では、「森が水を育む」という概念は主流ではなく、森はむしろ水を消費する、という考え方があることを知りました。
 また、ドイツには入会地のように地元住民が共同で管理する森が残っていること、アルプス地帯では雪崩等の災害を防ぐための森林の伐採方法等のノウハウを国をまたいで共有していること、水文学の専門家が作成した水質保全マップを森林管理者が活用していること等を知りました。森を森として守り、利用し、景観管理も徹底している欧州のあり方は日本と異なっており、新鮮でした。

iwata4.jpg
 ドイツ(フライブルグ)にて、バーデン=ヴェルテンブルグ州の森林局の方々と

iwata5.JPG
 「黒い森(シュバルツバルト)」に接したフライブルグの風景

 その一方で難しいと感じているのは、とにかく就業時間が長いことでしょうか。効率化の難しい専門的な仕事をいかに効率的に行い、利益を生み出し、かつ良い仕事を行うかが、課題だと思っています。


・3年目・・・・日々奮闘です 
 3年目の2011年。今年環境コンサルタントとして国内で大いに貢献できるのが「震災復興」と「新エネルギー」分野だと思っています。6月には東日本大震災で壊滅的な津波被害を受けた仙台平野の現場を踏査して、海岸林や背後地の被災状況を自分の目で見てきました。現在は復興に向けての基礎資料となる海底を含めた地形図上に植生や法規制を重ねた資料を作成成しています。私はまだ直接関わっていませんが、新エネルギーのポテンシャルマップ作成に関する業務を行っている先輩もいます。次の時代のための動きに加わることができる、というのは重要なモチベーションだと思っています。
 
 私の好きな詩人の茨城のり子さんの詩の中に「あらゆる仕事 すべてのいい仕事の核には 震える弱いアンテナが隠されている きっと」というフレーズがあります。この仕事に就き、先輩方を知り、その意味が分かったような気がしています。いつまでも感受性を鋭く保ち、日々奮闘していければと思っています。そして、現場に学び、常に人と自然との関わり方を問いかけながら、社会に貢献できる人材になることができればと思っています。



・プロフィール 岩田悠希(いわたゆうき) 
 1982年生まれ。愛知県名古屋市出身。アイルランド、ダブリン大学トリニティ・カレッジで地理学の学位取得後、京都大学地球環境学舎の景観生態保全論研究室に入学。
 修士論文テーマは「里山里海の人びとの認識」。一般の人々が考える里山里海はどういった特徴のランドスケープを持ち、どういった価値があるかを分析した(”Public Perception of the cultural value of Satoyama Landscape types in Japan”, Landscape Ecological Engineering (2011) Volume7, Number2, July :173-184)。
 京都大学地球環境学舎在学中に、パナマ共和国・国立公園における生物多様性保全プロジェクト(JICA)インターンシップ、「里山里海SGA」インターンシップ等経験。自然環境の保全・創造をする仕事を目指し、2008年アジア航測会社入社3年目(環境部 環境デザイン課に所属)。

posted by 管理者 at 13:45| Comment(0) | 景観生態学の現在