2013年09月02日

エゾシカによる植生改変とヤブサメの繁殖地選択―洞爺湖中島での事例―

 すごく違和感のある景色だ ― 学部3年生の6月、私は初めて洞爺湖中島を訪れました。北海道の6月と言えば新緑が深緑へと変わる鮮やかな季節…であるはずが、数種の植物だけで構成された異様な景色。

画像1.JPG
写真1 洞爺湖中島の風景(2011年5月)。シカの不嗜好性植物であるフッキソウが絨毯のように地表を覆っている。

 原因は高密度化したエゾシカによる過度な採食圧です。今や全国各地,世界各地で問題となっているシカ類による植生破壊ですが、当時まだ頭でした知らなかった私は、不嗜好性植物だけが生える単一的な緑にショックを受けました。

 調査ではヤブサメの繁殖期に当たる4〜7月、島内10地点において植生調査とICレコーダーを用いての自動録音による囀り回数の記録を行いました。音声の解析を進めるにつれ明らかとなったのは、ある3地点でオスが5月中旬を境に居なくなるという現象です。通常北海道ではオスが4月下旬に飛来し、遅れてやってくるメスと5月中旬までにつがいを形成します。つまりこの3地点では、つがい形成と繁殖が行われなかったことを示しており、実際に3地点でそれまで観察されていたオスが姿を消していました。一方の他地点では引き続き囀りが確認され、6月にはつがいでの餌運びといった繁殖行動が観察されました。そこで植生高、被度それぞれと囀り回数との相関関係を検証したところ、5月上旬はいずれも相関が無かったのに対し、6月ではどちらに対しても、特に植生被度について囀り回数との間に強い相関関係があることが判明しました(Spearman有意性検定より、p<0.01)。したがってヤブサメはシカの不嗜好性植物のみの環境でも、植生被度が季節推移により増加する場所を選択し、繁殖適地としていたのです。

画像2.bmp
写真2 すごく余談ですが、せっかくメスより先に飛来して頑張って囀っていた3地点のオス…無事にメスを獲得できたのでしょうか…なんだかほろりと来ます。頑張れ♂、来年は良い場所選ぶんだぞ!

 現在中島では、環境研究総合推進費(D-1103/研究代表者:吉田剛司)に基づき大規模なシカの個体数密度調整が実施されています。シカが低密度化するにつれて鳥類相はどのように回復していくのか。群集変化を追跡し、鳥類による生態系回復指標を明らかにすることを目指して今後も研究を進めていきます。

 末筆となりましたが、この度は素晴らしい賞をいただき心から感謝するとともに、会場で貴重なご意見を下さった方々や審査員の皆様に深く御礼申し上げます。また来年の大会で、研究に邁進する同志たちと再会できることを楽しみにしております。



上原 裕世 (うえはら ひろよ)
1989年生まれ。北海道札幌市出身。現在、酪農学園大学大学院 酪農学研究科 博士課程1年在学中。
研究テーマはシカの高密度化による植生改変が鳥類相へ与える影響について。趣味・興味・関心のあることは、遠出・釣り・イラスト入りの野帳や旅ノートをつけること・美味しいものを食べること・さらに温泉があれば幸せです。
posted by 管理者 at 13:39| Comment(0) | 景観生態学の現在

2013年08月09日

地域竹林管理計画支援ツールを用いた持続可能な竹林管理方法の選定 〜山口県周防大島町のケーススタディ〜

 第23回盛岡大会でポスター発表をさせていただきました、大阪大学の堀です。ポスター賞を頂きましたこと、大変嬉しく思っております。

 今回発表いたしました研究は、山口県周防大島町を対象に、放置竹林拡大への対策のため、数ある竹林管理や竹資源利用方法の中から持続可能かつ対象地に最適な管理および利用方法の選定を行ったというものです。放置竹林対策においては、竹林資源の隠れた環境・経済的価値と様々な管理方法による多面的な影響を評価した上で、持続的に生態系サービスが得られるような竹林管理と資源利用を合わせて行っていく必要があるため、今回の研究を行いました。

写真1 ポスター.jpg
写真1 ポスター

 竹林の管理・利用方法の評価は地域竹林管理計画支援ツールを用いて行いました。これは先輩である池野ら(大阪大学,2012)が開発したツールであり、対象地域の竹林面積や竹資源需要を生む人口等のデータを入力すると,竹林管理手法(輪伐や択伐等)と竹資源利用法(パルプ化や肥料化等)を組み合わせ,その各パターンで竹林を管理した場合の環境や経済への影響評価を行うツールです。このツールにより、周防大島町の全竹林を管理し資源は町内のみで消費すると仮定して評価を行った結果、「筍育成を行い間伐材は飼料化する」をというオプションが周防大島町に最適であるとわかりました。どの組み合わせで竹林を管理し利用した場合でも,自給能力と生物多様性には正の影響があり、炭素貯留効果もわずかに向上しましたが、補助金等を使わずに経済的収支がとれるオプションは二つしかありませんでした。周防大島町が雇用と景気への対策を必要としている自治体であることも考慮したため,この二つのうちより地域に大きな経済効果を与えていた上記のオプションが周防大島町に最適という結果になりました。この方法で生産される筍と飼料は、町内のみの消費では供給超過でしたが、出荷範囲を広げ需給バランスの感度解析を行った結果、飼料は周防大島町に隣接する柳井市と岩国市南部まで、筍は山口県周南エリア全域に出荷すると需給が均衡するとわかりました。

 この研究を行うに当たり、竹に関する知識を学び竹林について考えることが多かったため、今では山や森を見るとまず真っ先に「竹林が繁殖しているか」をチェックしてしまうという職業病のような癖がついてしまいました。ですが、発表の際にはたくさんの方が関心を持って話を聞いてくださったので、真剣に取り組んだ甲斐があったと感じています。

写真2 発表風景.jpg
写真2 発表風景

 今回の受賞を励みに、今後も価値ある研究成果を出せるよう努力していきたいと思います。ありがとうございました。



堀 啓子 (ほりけいこ)
1991年生まれ。北海道中川郡幕別町出身。現在,大阪大学工学部4年在学中。
研究テーマは、生態系と人間社会の共生を可能にする持続可能なシステムについての研究全般。趣味・興味・関心のあることは、旅行と日曜大工。
posted by 管理者 at 14:56| Comment(0) | 景観生態学の現在

2013年07月19日

企業敷地の土地利用・生物調査ツールの性能評価

 この度はポスター賞を受賞することができ、大変嬉しく思います。

 今回発表した研究は、生息域が縮小・分断化された都市域生態系において重要な役割を果す可能性がある企業緑地に焦点をあてたものです。近年、生物多様性条約締約国会議(COP10)の開催等による関心の高まりや、企業活動の持続性を考える上で生物多様性が存在感を増してきたことにより、生物多様性の保全に積極的に取り組む企業の数は増加傾向にあります。そうした中で「企業と生物多様性イニシアティブ」(JBIB)では、私の前所属先である東北大学と協力して企業敷地の土地利用を改善し、地域の生物多様性に貢献していくための3つツールを開発しました。1つ目は、「いきもの共生事業所レジスタードマーク推進ガイドライン」と呼ばれ、企業緑地において生物多様性に配慮した土地利用や緑地作りの意義やその指針について解説しています。2つ目は、「土地利用通信簿レジスタードマーク」と呼ばれ、生態学的な知見に基づく緑地そのものの評価と、取り組み内容の評価が統合された評価ツールになっており、0〜100点で評価します。

ブログ写真1.jpg
写真1 土地利用通信簿レジスタードマーク(左)と生物モニタリングシート(右)

 詳しい採点基準等については、いきもの共生事業所レジスタードマーク推進Web(http://www.blunc.org)にお問合せ下さい。3つ目の生物モニタリングシートは、どのような生物が緑地を利用しているのか、専門知識がなくとも社員自ら生物調査が実施できるようデザインされたツールです。具体的には、サイズや色などの形質や指標する環境が近い生物種を「種群」に分け、その種群の在不在を記録するように作られています。種レベルの把握はできなくとも、生物の利用環境として指標となる生物の組成が把握することが狙いです。これらのツールは生態学の知見をベースに作られているものの、@土地利用通信簿で高得点の緑地は実際に生物多様性が高いのか、Aモニタリングシートで得られた調査データはどの程度の質・信頼性を持つのか、という2点は別途、検証評価する必要がありました。

 そこで今回、業種の異なる5社に協力してもらい、全国8事業所において生物調査を実施しました。調査地は、1つの事業所あたり3つの調査地点(企業緑地2地点、事業所付近の公園・神社などの緑地1地点)を設定しました。これら調査地点にて、専門知識のない事業所の従業員によるモニタリングシートを使った調査と、生物調査会社の専門家による調査を同じ日・同じ時間帯に実施しました。その結果、通信簿点数と生物多様性指数、また従業員調査と生物調査会社による調査の生物多様性指数の間にはそれぞれ強い相関関係があることなどが明らかとなり、企業所有地において地域の生物多様性に貢献する土地利用を推進するツールとしての妥当性が確認されました。このような結果が得られたことは当然嬉しいことでしたが、それ以上に嬉しかったのは、協力していただいた2つの事業所において、今回の調査をきっかけに生物多様性のための環境づくりの取り組みが始まったことです。今回の調査でも周辺の公園や神社等よりも多くの種数が記録された事業所も見られたように、企業緑地の地域の生物多様性への貢献ポテンシャルは高いと考えています。

ブログ写真2.jpg
写真2 企業敷地内とは思えない豊かな緑地

 今回の研究が、さらなる研究者と企業の連携や、より多くの企業の取り組みの後押しとなれば幸いです。



岩渕翼 (いわぶちつばさ)
1977年生まれ。宮城県仙台市出身。現在,東洋大学生命科学部助教。
研究テーマは淡水生態学、生物多様性評価.趣味・興味・関心のあることは1歳の息子と遊ぶこと、カメラ、音楽演奏。
posted by 管理者 at 17:18| Comment(0) | 景観生態学の現在