2012年02月20日

現場からGIS、そしてまた現場。

 私は環境コンサルタント会社で働きながら社会人学生として博士を取得しました。仕事でも研究でも様々な現場に行きます。環境が相手なだけに、その時々において、課題は多種多様ですが、まずは自分の目で現場を見て感じる“現場百編”を大切にしています。植物を専門としていますが、様々な生物の調査に同行し、時には自ら網を振るいます(写真下)。そこで感じることは、課題の解決方向を模索する際の礎になります。

niwa1.JPG

 私が入社した頃は、現場は広くてもせいぜい数100ha程度の舞台でした。現場は入念に踏査しますが、周辺の状況はほとんど考慮できていなかったように思います。そこに登場したのがGISでした。最初は、それまで紙地図を貼り合わせ、ラインテープやコピックで苦労して作っていた図面が、パソコンで効率的にきれいに作れることで満足していました。しかし、DEMや植生図など広域的なデータが入手できるようになると、必然的により広域に目を向けるようになりました。現場だけでなく、その周辺の状況を踏まえた、現場の位置づけを考えられる道具を手に入れたのです。ちょうどその頃、社会人学生として京都大学地球環境学舎にで学びはじめ、景観生態学の知見を用い、環境情報を地図化することの重要性を認識するようになりました。まだまだ不十分とはいえ、生物分布などの環境情報が蓄積され始めたこともあり、仕事でも研究でも大量のデータをGISで処理して地図をつくることが多くなっていきました(例えば下図)。

niwa2.jpg

 そんなある日、「丹羽さんのつくる地図はきれいだから騙される」と言われたことがあります。確かに、GISや統計ツールを使ってデータを解析していると、結果を過大評価して“わかったような気になる”ことがあると思います。凡例一つで“見え方”変わるのも怖いところです。ただ、一方で、特に広域スケールでは、解析することで初めて見えてくることがあることも確かです。
そのため、私は、現場とGISは両輪であるべきだと考えています。そのため、最近は、現場でデータを集め、GISで解析し、その暫定の解析結果を持って再び現場に行く、そのような“現場-GISサイクル”を大事にし、また、楽しんでいます。



プロフィール
丹羽 英之(にわ ひでゆき)
1973年 京都府長岡京市生まれ。97年神戸大学農学部卒業、98年より(株)総合計画機構に勤めながら、02年京都大学地球環境学舎に入学、10年京都大学地球環境学舎地球環境学専攻博士課程修了・博士(地球環境学)
専門:景観生態学、保全生態学、植物生態学

posted by 管理者 at 13:49| Comment(0) | 景観生態学の現在